製材部門

lumber

製材部門

 

パンパック製材部門は、アピアランスグレードの製材品においてはニュージーランドで最大の生産量およびアジア市場への輸出量を誇ります。


木材はニュージーランド北島の東海岸に位置するホークスベイ地域のフィリナキ工場と、南島の最南端に位置するオタゴ地域のミルバーン工場(パンパック子会社)で生産しております。

両工場とも、最先端の技術導入により世界に通用する品質とサービスをお届けすることができます。
 

フィリナキ工場 (ホークスベイ)

年間生産量(グリーン材) 43万立方メートル。芯持ち材はグリーン材(未乾燥)として、高品質の辺材は乾燥、グレーディングを経て販売しています。
 

ミルバーン工場(オタゴ)

現在の年間生産量は5万立方メートル(10万立方メートルへと増産予定)。小径木から芯持ち材および辺材を生産。辺材はキルン乾燥を経て販売しております。

Pan Pac - NZ Location Map

technology
 

テクノロジー


パンパックでは最先端技術を投入した設備で製材・加工しています。

製材工場では、すべての原木丸太を高性能スキャンに通し、コンピューター制御で丸太の特性、直径および長さに応じて最適なカットプランを決定し製材します。

その後製材は最先端の大型乾燥機(キルン)で特定の含水率まで乾燥・コンディショニングされます。

仕上げ工程では、自動制御スキャンによりグレーディングし、安定した高品質の製品を作り上げます。
 
shipping
 

船輸送


フィリナキ工場からの製材は約20km圏内に位置するネピア港から、ミルバーン工場で生産された製材はチャルマース港からほぼすべての市場へ船輸送しています。

未乾燥材の輸出はバルク船あるいはコンテナ船を、乾燥材はコンテナ船で各市場へ輸送します。

マーケット


Pan Pacの製材は現在16カ国へ輸出しています

オーストラリア、日本、大韓民国、中国・台湾、ベトナム、インドネシア、タイ、マレーシア、アメリカ合衆国、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、スペイン、オランダ、モーリシャス、インド。

パンパックでは、エンドユーザーへの直接販売から、輸入業者や卸売業者を通じた販売、あるいはマーケットによってはその国のエージェントを通じての販売もしております。

“主要なお客様と持続的で有意義な関係を築き上げる”というのがパンパック製材部門の経営理念です。このような関係を築くために、私たちは常にお客様のニーズを理解し、お客様とともにビジネスニーズをさらに発展させるよう心がけています。
 
Pan Pac - World Location Map
our products
 

商品情報


パンパック製材部門は高級グレードの無節材から低グレードの構造材まで幅広い商品を作っております。

それぞれのグレードは強度・品質に応じて、高級装飾(内装)材、ドアや窓枠、建築(外装)材、家具材、パレットや梱包材に加工されます。

さらにパンパックでは、特殊な加熱加工技術を用いた、デューラディア(Duradia)という新製品を開発しました。


btn findoutmorejapanese

ADDRESS

office
HEAD OFFICE
1161 State Highway 2
Wairoa Road
Napier 4182
New Zealand
FIND US ON GOOGLE MAPS
 
postal
POSTAL ADDRESS
Private Bag 6203
Napier 4142
New Zealand 
 

CONTACT US

phone
PHONE    +64 (0)6 831 0100
FAX         +64 (0)6 836 6443